補綴専門医ならではの審美歯科

注目が高まる審美歯科

歯科業界でも、審美歯科の注目度が高まってきています。白い詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)は、金属を使用しないため、歯本来の透明感を再現できます。また、金属アレルギーの方も安心で、歯茎の黒ずみが出てくる不安もありません。

 

セレックなどの最先端の機械の進歩、歯科技工士の技術能力の向上のほか、材料の研究も進んでいます。その結果、見た目も機能も天然の歯と区別がつかないレベルの補綴物を製作することができるようになりました。特に、「ハイブリッドセラミック」と呼ばれる材質は、強度、耐久性、美しさを兼ね備え、自然の歯の硬さを再現することが可能です。

 

ただし、審美歯科とは見た目の美しさだけではありません。審美歯科とは歯が抜けている部分に対し、できるだけ自然な状態に回復させてあげることです。その本質は、「美しく、健康な状態が長く維持されること」にあると思います。
まずは、病因を取り除き、歯の機能を回復させます。そして、清掃性や噛み合わせなどのバランスに配慮し、審美に優れた治療を行うことを心がけています。

補綴治療で歯のお悩みをきれいに解決

自然で美しい見た目を目指すことを目的とする審美歯科では、入れ歯も、可能な限り人工物とわかる部分が見えないような方法を提供します。
保険診療の入れ歯は、バネが見えるために入れ歯とひと目でわかります。そのような場合でも、入れ歯とわからないように、バネの部分を工夫する、あるいはバネを使わない「磁性アタッチメント」をご提案いたします。

補綴治療に力を入れている理由

歯医者での治療とひと口にいっても、むし歯や歯周病などの一般歯科、口腔外科、矯正歯科、小児歯科、歯内療法(歯の根管治療)など、さまざまです。これらの治療は、補綴を行う前の「補綴前処置」と呼ばれますが、最終的な治療に関与するのが補綴です。
つまり、歯科治療における補綴の役割は圧倒的に高く、最後の仕上げという重要な位置付けにあるのです。
学生時代から補綴に関心をもっていた私は、補綴専門医としての技術を高め、貢献する道を選びました。インプラント、歯周病、口腔外科については、それぞれの専門医に任せ、最終処置は私と常勤の歯科医師が仕上げるという連携体制をとっています。
ちなみに、それぞれの専門医は私が大学病院に勤務していた時の教え子です。専門性をもったスタッフ同士が協力し合いながら、患者さんの歯の健康のために頑張っています。

メールでのお問い合わせ Tel:0120-6480-98