セレック治療

歯科用CAD/CAMシステムとは

白くて美しい歯を、早く簡単に

当クリニックでは、「セレック治療」を取り入れています。

セレック治療とは、歯科用CAD/CAMシステム(キャド・キャムシステム)セレックを用いて、修復物を提供する治療のことです。修復物とは、歯に被せる被せ物(クラウン)や、詰め物(インレー)のことです。

修復物は、従来は歯科技工士の手づくりによるものでした。セレック治療の場合は、コンピュータ制御によって機械でつくられます。出来上がりまでの時間が短縮されるほか、塊から削り出してつくる製法のため、材質が均一で強度に優れているといったメリットがあります。たとえば、仕事が忙しくて通院が難しい場合は、ご要望に応じて来院された当日に処置いたします。

小臼歯にも保健診療で白い詰め物が可能に

2014年4月から、小臼歯(中央前から数えて4番、5番の歯)についても、保険診療の対象になりました。

小臼歯は外からも見えやすい位置にありますが、それまでは、保険診療で治療する場合、銀色の金属を使うしかありませんでした。

 

小臼歯に使用される、修復物の材質は、硬質レジンと呼ばれる歯科用プラスチックの一種です。セラミックより見た目や強度は劣るものの、セレックを使うことで材質の中身が均一になり、審美性もアップしました。

 

当クリニックの患者さんに小臼歯の治療をする際は、従来の銀色のものと、白い硬質レジンを選択いただいていますが、ほとんどの患者さんが白い硬質レジンを選びます。歯科用CAD/CAMシステムは毎日フル稼働しています。

ブリッジにもオールセラミックを

強度の問題があり、従来は、ブリッジをオールセラミック単体でつくるのは不可能でした。

オールセラミックでブリッジを作製するためには、ジルコニアという材質の上にセラミックを盛り付けるという操作を行うため、手間と費用がかかるものでした。しかしセレックが導入され、イーマックス(e.max)という強度と審美性を兼ね備えた素材を使用することで、容易に手ごろな価格でオールセラミックのブリッジをつくることができるようになりました。

審美歯科のメニュー

修復物に白い材質を使用する治療メニューは以下の通りです。
いずれも自己診療となりますが、セレックを使用するので歯科技工士に製作を依頼する必要がなく、費用もおさえられます。

セラミッククラウン(オールセラミッククラウン)

  • すべてセラミックでできた被せ物です。
  • 天然の歯に近く、自然で美しい見た目と質感が特徴です。
  • 汚れが付着しにくく、壊れにくく、丈夫です。
  • 現在の歯の着色の度合いが強く、さらに大きいむし歯がある場合は、歯の全体を一回り小さく削ってから、歯全体にセラミックを被せます。

セラミックインレー

  • セラミックでできた詰め物です。
  • 天然の歯に近く、自然で美しい見た目と質感が特徴です。
  • 汚れが付着しにくく、壊れにくく、丈夫です。

ラミネートベニア

  • 歯の表面を少し削り、その上にセラミックの薄い板を貼り付けます。
  • 自然で美しく、白い見た目になります。
  • もともと、歯に黒ずみがある方、歯が欠けてお悩みの方にもおすすめです。
  • ホワイトニングをしたものの、思うように白くならなかった場合にも効果を発揮します。
メールでのお問い合わせ Tel:0120-6480-98